述井庸治に

あとがき 『前兆』

 

「あなたはソウルメイトの存在を信じていますか?」
突然、マットが私に質問してきた。どういう流れでこの質問がでたのか私は覚えていない。
マットはアメリカ人、日本の文化を研究するため日本に来ている。
私が「ソウルメイト」という言葉に出逢ったのは、この時が初めて。しかし何となく意味は分かる。
「うん。信じてるよ」
と、私は答えた。
「だから、あなたはオプティミスト(楽観主義者)なのだ」
と、マットが言った。
「だけど、私にはソウルメイトはいないよ」
と、私が言うと
「えっ、どう言う意味?」
彼はアメリカ人、今の自分にソウルメイトがいなければ、ソウルメイトの存在は信じられない。
そこで、私は言った。
「だから、私は今でもソウルメイトを探している。これが日本人の考え方だ」
しかし、この時の私は、自分にソウルメイトが現れるとは思ってもいなかった。ただ、マットに日本人の考え方を教えてあげたかった。
それからしばらくして、重盛の甥が、そして息子が私のところにやって来た。
今思うに、これは「前兆」、重盛のことをほとんど忘れている私に
「述井さん今から行くよ」
という重盛からのメッセージだったかも知れない。